上山春平

読書メモ:上山春平「絶対無の探究」(1970年)②第3節~第5節

前の記事← 収録されている作品の関係上、上山の解説は『一般者の自覚的体系』までに留まっているが、可能な限りわかりやすく解説しているのが印象に残る。高坂正顕の西田哲学論と同じくらいの平明さがあるように思う。 第3節:西田の思想形成(33-56頁) 『善…

読書メモ:上山春平「絶対無の探究」(1970年)①第1節~第2節

→次の記事 上山春平は新京都学派と呼ばれるグループに属する思想家で、学際的な研究を通して独自の文明論・比較文化論に基づく思想を構築したことで知られる(その「独自の文明論・比較文化論」をどう評価すべきかという重大かつ厄介な問題が存在するわけだ…