中江兆民

読書メモ:中村雄二郎「ナカエニスムと西田幾多郎」(1983年)

中村雄二郎は『西田幾多郎』(1983年)の第1章で中江兆民の「我日本古より今に至る迄哲学無し」という言葉を持ち出した。明治以前に日本哲学があったのかという問い自体はありふれているため、中村がその文脈で中江に言及したことには特に違和感を覚えない。…

読書メモ:中村雄二郎『西田幾多郎』(1983年)第1章

→次の記事 中村雄二郎は「問題群としての西田幾多郎」が好評を博したことを受けて、問題群という手法を使って西田哲学を読み解く作業を更に進めた。そのまとまった成果として最初に世に出たのが『西田幾多郎』(1983年)である。このメモを作るに当たって久…