田辺元と務台理作の論争に関する年表

 田辺元と高橋里美の論争、田辺元務台理作の論争、丸山真男務台理作批判、南原繁の田辺批判は一連の出来事として捉えることが可能である(合田(2018:27-29))。それ故、本来であれば、上の4つの事象をまとめて年表にすべきなのだろうが、読みにくい代物になってしまったため、やむを得ず田辺と務台理作の論争~南原繁の田辺批判に関係するものだけを抽出することにした。
 (田辺と高橋の論争に関する年表はリンク先にある。)
なお、正直に申し上げるが、筆者は務台による田辺の『歴史的現実』への書評と西谷啓治による南原の『国家と宗教』への書評を実際に読んでいない。両書評が掲載されている新聞・書籍が地元の図書館になかったためである。


年表

1934年11月・12月・1935年2月
田辺元が「社会存在の論理」を発表
1936年1月
務台理作が「表現的世界の論理」を発表。務台は同論文で田辺の種の論理を批判した ①
1936年10月・11月・12月
田辺元が「種の論理と世界図式」を発表。
1936年12月
丸山真男が「政治学に於ける国家の概念」を発表。同論文には田辺の種の論理の影響が見られるとの指摘があるが(今井(2004))、それには異論も出ている(田口(2005))。
1936年12月・1937年2月・3月
高橋里美が「種の論理について」を発表。この論文では①が参照されている(高橋(1937:229))。②
1937年6月
務台理作が「社会存在論に於ける世界構造の問題」を発表。この論文では②が参照されている(務台(2001:172)。務台は同論文で田辺の種の論理を批判し、西田幾多郎がその批判に賛同の意を示している。
1937年10月
田辺元が「種の論理に対する批評に答ふ」を発表し、高橋・務台の種の論理批判に応答すると共に、種の論理の立場から高橋の全体の立場と務台の社会存在論を批判した。
1938年
務台理作の『フィヒテ』が刊行。丸山真男が同書に対して好意的な書評を寄せた(6月)。
1939年5月
務台理作の『社会存在論』が刊行。
1939年9月
丸山真男が務台の『社会存在論』の書評を発表。丸山は社会科学の立場から務台を批判したが、その矛先は京都学派の社会存在論一般に向けられている。つまり、西田や田辺も暗に批判されている(丸山(1996:117))。
1940年6月
田辺元の『歴史的現実』が刊行。
1940年7月
務台理作が田辺の『歴史的現実』の書評を発表し、田辺の国家論の危険性を批判した(家永(1998:144-145))。
1941年12月・1942年2月・4月
南原繁が「ナチス世界観と宗教の問題」(1)~(3)を発表。③
1942年11月
南原繁の『国家と宗教』が刊行。南原の田辺批判は第4章で展開されたが、同章は③を加筆修正したものである。
1944年1月
西谷啓治が南原の『国家と宗教』の書評を発表し、「南原の立場は歴史的現実からかけ離れている」という趣旨の批判をした(家永(1998:168))。
1944年10月
田辺元が「懺悔道 -Metanoetik-」という題で講演。
1946年4月
田辺元の『懺悔道としての哲学』が刊行。
1947年11月
田辺元の『種の論理の弁証法』が刊行。同書において、田辺は南原の批判をきっかけに自説の欠点を修正できたという趣旨のことを述べている(田辺(1964a:367))。
1947年12月
田辺元の『実存と愛と実践』が刊行。④
1948年6月
田辺元の『キリストの弁証』が刊行。
1950年4月
務台理作の教え子である菅孝治が自殺。この事件をきっかけに、務台は従来依拠していた西田哲学から離れ、ヒューマニズム論に転向する。
1951年1月
務台理作が「実存と社会的実践」を発表。同論文で、務台は④の意義と問題点を指摘した。


注記

・「戦後における務台の哲学的営為は、ある意味では、こうした丸山的批判を受け入れての、「社会存在論」ないし「現実的世界の論理学」の再構築の試みであった」との指摘がある(古田(2001:354))。
・1944年、田辺は親鸞を手引きに懺悔道の立場を構築したが、同年、務台も親鸞論(『場所の論理学』)を発表している。両者の間で親鸞を論争が起きたわけではないので、年表には書き加えなかったが、ここに指摘しておく。
・田辺は『実存と愛と実践』において、キルケゴールの実存哲学とマルクスの哲学の統合を目指したが(田辺(1964b:276))、務台もヒューマニズム論で同様の試みを行っている(務台(2002:154))。
 田辺と務台には①西田哲学の影響を受けて社会存在論を構築し、②戦争末期に親鸞を論じ、③戦後はキルケゴール実存主義マルクスの哲学の統合を試みたという3つの共通項があると言える。
・務台の「実存と社会的実践」に対する田辺の反応は不明。不思議なことに、務台の同論文が収録された『田辺哲学』は群馬大の田辺文庫にない。田辺は弟子たちが編んだ自分の哲学に関する論集を読まなかったのか。


文献

家永三郎(1998(1974))『田辺元の思想史的研究 ―戦争と哲学者―』,『家永三郎集』第七巻,1-476頁,岩波書店
今井弘道(2004)『丸山眞男研究序説 「弁証法的な全体主義」から「八・一五革命説」へ 』,風行社
合田正人(2018)「「種の論理」論争をめぐって ―高橋里美、務台理作再考―」,『日本哲学史研究』第14号,25-44頁
高橋里美(1937(1972))「種の論理について」,『高橋里美全集』第4巻,221-267頁
田口富久治(2005)『丸山眞男マルクスのはざまで』,日本経済評論社
田辺元(1964a(1947))『種の論理の弁証法』,『田邊元全集』第7巻,253-372頁
田辺元(1964b(1947))『実存と愛と実践』,『田邊元全集』第9巻,273-492頁
古田光(2001)「解説」,『務台理作著作集』第4巻,349-363頁,こぶし書房
丸山真男(1996(1939))「務台理作『社会存在論』 一九三九年」,『丸山眞男集』第1巻,113-117頁
務台理作(2001(1937))「社会存在論に於ける世界構造の問題」,『務台理作著作集』第4巻,113-172頁
務台理作(2002(1960))「ヒューマニズムの問題」,『務台理作著作集』第6巻,129-155頁,こぶし書房
山口周三(2012)『南原繁の生涯 信仰・思想・業績』,教文館
吉田傑俊(2002)「解説」,『務台理作著作集』第6巻,325-341頁